Profile

田村安祐美(左)と田村安紗美(右)

Duo SAKURA

2000年より姉妹ヴァイオリン・デュオとして活動を始める。
同年度(財)青山財団「バロックザール賞」を受賞。
以後毎年、東京・京都にてリサイタルを開催。
NHKテレビやNHK-FM「名曲リサイタル」に出演。
古典から現代・邦人作品まで広くレパートリーを持つ。

田村 安祐美 (Ayumi Tamura)

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高等高校)、東京藝術大学音楽学部卒業。
第43回全日本学生音楽コンクール全国1位。
京都ラビッシュアンサンブル、大阪バッハアンサンブルのメンバーとして活動。京都市芸術新人賞を受賞。
第21回ジョルジュ ・エネスコ国際音楽祭(ルーマニア)に出演。
2017年ルーマニアのオラデアフィルと共演。
近年では関西弦楽四重奏団のメンバーとして活動し、大阪文化祭賞奨励賞、咲くやこの花賞を受賞。
新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)のコンサートマスターを経て、2008年より京都市交響楽団に在籍、現在に至る。
これまでに渡辺美穂、辻井淳、田渕洋子、浦川宜也、藤原浜雄、結城千春、故Gerhard Bosseの各氏に師事。

田村 安紗美 (Asami Tamura)

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立京都堀川音楽高等高校)、東京藝術大学音楽学部卒業。
全日本学生音楽コンクール大阪大会・高校の部第2位、京都芸術祭「奨励賞」受賞。
藝大在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。
2005年度、文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員として、ドイツ・フライブルク音楽院にて研鑽を積む。フライブルガー・バロックオーケストラに客演。
帰国後、新日本フィルに復帰。下野竜也氏指揮・新日本フィルと共演。
2007年に結成したクラリネットとピアノとの三重奏「Trio Rintonare」のコンサートに対して(財)青山財団「バロックザール賞」受賞。
「チェンバー・ソロイスツ佐世保」メンバー。
これまでに渡辺美穂、辻井淳、田渕洋子、浦川宜也、Gottfried von der Goltzの各氏に師事。